キヤノンファインテック株式会社 CANON FINETECH INC.

本社開発センター
〒341-8527
埼玉県三郷市中央1丁目14番地1

茨城工場
〒303-8503
茨城県常総市坂手町5540-11

福井事業所
〒910-3138
福井県福井市石橋町29字73-3

主な国内関係会社

ニスカ株式会社 ニスカ株式会社ウェブサイト
主な製品

  • ケーブルIDプリンター
  • プレート&シートプリンター
  • IDカードプリンター
  • DCモーター

製品と技術

プリントモジュール

Color Card Printers4inch

4インチ幅
プリントモジュール

染料/顔料

Color Card Printers2inch

2インチ幅
プリントモジュール

染料/顔料


プリントモジュールとは?

プリントモジュールは、既存のユーザー環境にインクジェットのカラー・可変・高速印刷機能を提供するために開発された製品です。印刷に必要な主要な機器はそれぞれ独立してユニット化されているため、それらのユニットを柔軟に配置してユーザー環境に組み込むことができます。キヤノンファインテックのプリントモジュールは高速印刷を実現するラインヘッド技術を搭載しており、用途に合わせて2インチ、もしくは4インチのヘッドを選ぶことができます。幅広印刷の場合は4インチを複数使うことも可能です。このモジュールを組み合わせることにより、インクジェットの持つオンデマンド、デジタル、カラー、非接触の4つの特長を活かし、多品種小ロット印刷、商業印刷、工業材料印刷、包装材料印刷、物流印刷などの多様な産業用途に適した印刷機に展開することができます。


プリントモジュールの特長

省スペース設計

2インチ、4インチモデルともにそれぞれの用途に合わせて省スペース・コンパクトに設計されています。4インチモデルは、拡張性を重視し、筐体奥行きがとても小さく設計されています。奥行きを狭くすることにより、横に並べて印字幅を広げる、縦につなげてスピードを高めるといった使い方も可能です。対して、2インチモデルは間口を狭めて設置面積がとても小さく設計されています。こうすることにより、限られたスペースでも設置することが可能です。


省スペース設計

基本構成

基本的な印刷機構部分は、プリントユニット部に集約されています。4インチモデルは、インク供給部(4インチのみ)、メンテナンスカートリッジ、基板がそれぞれ独立しており、機器に合わせて柔軟に配置することが可能です。2インチモデルは、インクタンクがプリントユニット部に装着され、シンプルな構成になっています。


基本構成

4インチモデルの拡張性

4インチモデルは用途、要望に応じて拡張することが可能です。
縦に複数のモジュールを並べることにより、モジュール単体での使用に比べて、印字スピードを高めることができます。また、横に並べることで、幅広印刷にも対応することができます。

4インチモデルの拡張性


おすすめコンテンツ

Movie

contact

このページの上部へ